いま蘇る日本の歴史DVD全10巻セット

 
1.縄文・弥生・古墳時代】
縄文人と弥生人〜卑弥呼と邪馬台国
日本列島に人が住み始めたのは、約10万年から 約3万年前までにさかのぼる。
やがて氷河期が終 わり温暖化がはじまると、約1万2千年前頃から縄文式土器が作られ、紀元前8世紀頃には稲作を中心とした農耕社会が成立し、3世紀頃には日本列島に初めて「国」が誕生する。

【2.飛鳥・奈良時代】
仏教と聖徳太子〜シルクロードと遣唐使
6世紀後半には大和王権が飛鳥に都を置き、大陸 から仏教が伝来するなど、飛鳥・白鳳文化と呼ば れる仏教文化が花開く。
聖徳太子による冠位十二 階・十七条憲法など国政改革が行われ、大化の 改新を経て天皇支配を確立した大宝律令が制定 された。
そして「日本」という国号も定められたの である。

【3.平安時代】
最澄と空海〜摂関政治と源氏物語
794年、桓武天皇が築いた平安京が都となる。
平仮名・片仮名が生まれ、「源氏物語」「枕草子」 に代表される物語文学などが誕生した。
また、密 教や末法思想が広く信じられ神仏習合が進み、寺院が多く建てられた。
そして王朝国家体制の 破綻とともに、ついに武士階層が登場する。

【4.鎌倉時代】
源頼朝と武家政権の確立〜北条時宗と元寇
1192年、源頼朝は平氏政権を滅ぼし関東に鎌倉 幕府を開き、史上初の武家政権が誕生した。
しかし源氏の将軍は三代で断絶。北条氏が幕政 を専制する執権政治が確立される。1274年には 当時大陸を蹂躙していたモンゴル帝国の「元」が二度にわたって日本に襲来する。
未曾有の国難 「元寇」である。

【5.室町時代】
足利尊氏と南北朝〜下剋上・応仁の乱
1333年、後醍醐天皇は全国の武士に討幕の綸旨を発し、足利尊氏や新田義貞らによって鎌倉幕府 を滅ぼし、建武の新政と呼ばれる天皇による専制 政治を行う。
しかし足利尊氏が新政から離反する と、不満を抱えた武士の多くが尊氏に従い、やがて京都と吉野に二人の天皇が存在する「南北朝」時代がはじまる。

【6.戦国・安土桃山時代】
織田信長と天下布武〜太閤秀吉の天下統一
応仁の乱の後、室町幕府の権威は地に落ち、 歴史舞台に守護代や地侍を出目とする戦国 大名が登場する。
木下藤吉郎(豊臣秀吉)松平元康(徳川家康)武田信玄、上杉謙信、 毛利元就、北条早雲、斉藤道三、島津義久、伊達政宗など錚々たる武将たちが領土や覇権を争う中、尾張の織田信長が、将軍足利義昭を奉じ上洛する。

【7.江戸時代】
徳川家康と関ヶ原の合戦〜江戸幕府の成立と大坂の陣
1598年、天下統一を果たした豊臣秀吉が死去 すると、全国の大名が徳川派と豊臣派に別れ、関ヶ原の戦いがおこる。
徳川家康が勝利し 征夷大将軍に任じられ、江戸に幕府を開き大坂の役で豊臣氏を滅ぼすことによって、ついに徳川氏の覇権を確立した。
幕府は数々の諸法度で公家・大名を統制し、島原の乱を経て鎖国への道を歩む。

【8.江戸時代】
花開く元禄文化と赤穂浪士〜天明の大飢饉と幕政改革
鎖国後は国内重視の政策が採られ、農業生産 力も発展し、江戸時代前期から中期にかけて 空前の繁栄が訪れる。
学問、文学や絵画でも 井原西鶴の浮世本、松尾芭蕉の俳諧や尾形 光琳、菱川師宣など日本文化を代表するあらゆる才能が誕生し、元禄文化が花開いた。
しかし18世紀に入ると飢饉が頻発するようになり、天下泰平の世は過ぎてゆく。

【9.幕末・明治時代】
ペリー黒船来航〜西郷隆盛と明治維新
1853年、アメリカ海軍のペリー提督が率いる4隻の黒船が、浦賀沖に来航し開国を迫る。
大老井伊直弼は朝廷の許可を得ず、不平等条約を締結し、これに憤慨した浪士により桜田門外にて暗殺され、幕府の権威を大いに失墜させた。
公武合体策と尊王攘夷思想により人心も佐 幕・倒幕に大いに揺れる。
しかし薩長同盟の締結により歴史は大きく動き始める。

【10.明治時代】
自由民権と大日本帝国憲法〜日清戦争と日露戦争
明治新政府は欧米の諸制度を積極的に導入し、同時に欧米の文化・文物も輸入したため、その様子は文明開化と呼ばれた。
政府は議会の設置や大日本帝国憲法の制定などを進める一方で、富国強兵を合言葉に近代国家への脱却をめざした。
やがて日清戦争、日露戦争を経て列強の一角を占めるようになる。

posted by 亀松亭 at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。